ウーマン

ランキング評価の高いコスメ|肌の色に合ったコンシーラー

若々しい肌でいるために

目元

とにかく保湿第一

ぱっと見そうでもないのによく見るとなんだか老けている、その原因は肌にあります。肌がくすんでいたり、小じわがあったりするとどうしても老けた印象になるのは避けられません。ではくすみや小じわにはどのような対策が必要なのでしょうか。まずとにかく保湿することです。肌は本来自分で自分を守ろうとする機能を持っています。しかし乾燥した空気にさらされたりストレスや睡眠不足などに足を引っ張られたりするとその機能自体が低下してしまいます。それを補うのが保湿です。化粧水や美容液で水分補給した後はクリームやオイルで蓋をし、水分を逃がさないようにしましょう。オイリー肌でも保湿は重要です。乾燥しているとなると肌はますます脂を出してしまうからです。美肌のためには保湿第一で考えましょう。

紫外線対策も重要

その他小じわ対策には紫外線カットもとても重要になります。紫外線と言えばシミやそばかすの原因になるのは有名です。また日本ではもともと色白が美人の条件という文化が有りますから、昔から紫外線を避ける対策が色々考えられていました。しかし紫外線の害は日焼けだけでは無かったのです。最近の研究で小じわやたるみも紫外線が関係してくることがわかってきました。長距離トラックの運転手など、顔の片側だけ紫外線にさらされる職業の人がそちら側だけ深いしわやたるみが酷いことがわかったのです。美肌のためには紫外線対策がとても重要なのです。そしてこの紫外線対策にも保湿は無関係ではありません。乾燥した肌は潤っている肌よりも紫外線に対する防御力が弱いことがわかってきたからです。