ウーマン

ランキング評価の高いコスメ|肌の色に合ったコンシーラー

中高年なら男女問わず匂う

困る女の人

加齢臭は40歳を過ぎたあたりから増える匂いで「おじさん」のイメージがあります。しかし、男女問わずに増加します。この成分はノネナールと言い皮脂に含まれる脂肪酸が酸化したことで発生します。予防をするには動物性たんぱく質の摂取を控え、食物繊維を増やします。そうすることで体内の善玉菌が増えて匂いの原因物質を減らします。抗酸化力の強いバナナや玉ねぎ、ほうれん草などは良い食材と言えます。シャンプーは回数を多くしても効果はあまりなく、逆に皮脂の分泌が盛んになるので注意しましょう。洗った後はドライヤーなどでしっかりと乾かすことが大事になります。生乾きにしておくと雑菌が増殖しやすく匂いが発生します。皮脂の酸化が加齢臭になります。

加齢臭は女性でも発生します。女性ホルモンの分泌が減ってくると皮脂の分泌が増え加齢臭が出やすくなります。皮脂の酸化が元になりますがカフェインの多量摂取は皮脂の酸化を促進させます。肉類や乳製品は脂肪分が多いので皮脂の分泌が多くなります。ビタミンEを含むオリーブオイルなどは抗酸化作用があるので加齢臭の予防には適しています。日本食は野菜や魚、根菜が中心になるので欧米食よりもお勧めです。また、たばこは加齢臭の匂いを強めてしまうので控えましょう。ストレスや生活習慣の乱れがあると免疫力が減ってしまい匂いが強くなります。匂いの成分ノネナールの特徴は水に溶けにくく肌に付きやすいもので汗を流す程度では落ちる事がありません。首の後ろや背中などを石鹸等で良く洗うことが匂いを取る事になります。